経済解析室

第3次産業活動指数、鉱工業指数などを使って、経済産業の「今」について考えていきたいと思います。

地域間産業連関表で、地域別の「自給率」が確認できる

昨年12月に地域間産業連関表で、「北海道の最終需要が他地域に与える生産誘発額」についてご紹介したところ、
「道内と道外の比、あるいは道内の一次産品が道外の二次産業へ、道内の二次産業は道外の二次産業からの移入が多いなどの姿がはっきり見えるようになるんでしょうか。」
というコメントを頂戴していました。

 

まず、「道内と道外の比」という点については、平成17年版地域間産業連関表を用いると、「最終需要における産業別地域別の自地域供給率」ということで、最終需要に対して、外地域の産出する財サービスにどの程度依存しているか、いわば自給率を地域ごとに計測できます。
下の第4-3図が、そのグラフです。

 

また、「地域別自地域産品の自地域消費及び投資割合」ということで、ある地域の財サービスが自地域に回る分を計算できます。この逆数は、ある地域で産出されるザービスがどの体他地域に移出されるのかを示すことになります。
下の4-4図が、そのグラフです。

地域間産業連関表を用いると、ある地域の自給の状況や、自地域の生産活動の内外需への依存の状況を統一的に分析することができます。

下の図も含めて、日本の地域ごと、そして地域間の投入産出構造が、この地域間産業連関表を用いると分かります。

 

◎平成17年 地域間産業連関表(概要)

 

昨年末に公表された2011年産業連関表基本表に基づいて、2011年版の地域内産業連関表、そして地域間産業連関表を各経済産業局調査課と協力して作成中です。