経済解析室

第3次産業活動指数、鉱工業指数などを使って、経済産業の「今」について考えていきたいと思います。

3ヶ月ぶりに前月比低下となり、低めの水準となった11月の鉱工業出荷

先日公表しました、鉱工業出荷指数の大まかな動きについて説明します。
http://www.meti.go.jp/statistics/tyo/iip/result-1.html
http://www.meti.go.jp/statistics/tyo/iip/result/pdf/press/b2010_201411sj.pdf

 

11月の「出荷」は、季節調整済指数97.2で、前月比▲1.4%低下と、こちらも3ヶ月ぶりの低下となりました。

 

出荷についても、生産と同様に、9月の急伸、10月の水準維持から、11月の前月比で低下となりました。出荷指数は、今年の4月の指数値98.0よりも低い水準で少し低めかと思います。出荷が上昇していた(昨年11月の前年同月比6.6%)昨年との比較になる前年同月比も、10月に引き続き▲4.5%となり、水準としても低くなっています。

 

鉱工業出荷は、今年の1月にピーク104.4をつけ、そこから8月に93.9まで、ほぼ1割指数値を低下させ、そこから9月、10月と出荷を伸ばしてきましたが、11月は少し踊り場的な状況になっていたようです。

  

・公表冊子
http://www.slideshare.net/ssuserf0ff62/b2010-201411sj

 

・図表集
http://www.slideshare.net/ssuserf0ff62/b2010-201411refsj

 

・ポイント抜粋
http://www.slideshare.net/ssuserf0ff62/iip11