経済解析室

第3次産業活動指数、鉱工業指数などを使って、経済産業の「今」について考えていきたいと思います。

機械類の生産、出荷の反動減の影響が極端に大きかった11月の鉱工業活動

先日公表しました鉱工業指数11月分において、生産が低下した業種についての説明です。
http://www.meti.go.jp/statistics/tyo/iip/result-1.html
http://www.meti.go.jp/statistics/tyo/iip/result/pdf/press/b2010_201411sj.pdf

11月の生産低下への寄与が大きい業種は、冊子の4ページ目(上のPDFファイルの4ページ)にありますように、「はん用・生産用・業務用機械工業」や電気機械工業です。出荷についても、同様に「はん用・生産用・業務用機械工業」や電気機械工業です。
品目で見ても、「はん用・生産用・業務用機械工業」の半導体製造装置や水管ボイラ、電気機械工業の一般用タービン発動機や太陽電池モジュールは、生産減、出荷減への共通の寄与品目です。

 

 

特に11月の生産については、「はん用・生産用・業務用機械工業」の生産全体の低下に対する寄与が大きくなっており、11月の低下8業種の低下寄与合計の半分以上が、「はん用・生産用・業務用機械工業」の生産低下によるものです。

この「はん用・生産用・業務用機械工業」の生産・出荷の低下を生み出しているのは、半導体製造装置や水管ボイラの生産・出荷の低下です。
これらの品目は、10月の「はん用・生産用・業務用機械工業」の生産・出荷の上昇を先導した品目で、典型的な受注生産品目で、ある月に生産・出荷が増加すると翌月には大きく低下する品目です。
11月の生産には、こういった品目の影響が、もろに出た形になっています。
よって、11月の生産・出荷の低下については、このような変動の影響を考慮して、その低下のインパクトについては割り引いて考える必要があります。

また、電気機械工業については、一般用タービン発電機や非標準型変圧器は、「はん用・生産用・業務用機械工業」の品目と同じような要因で低下しています(10月の生産上昇寄与品目で受注型ということ)。
ただし、太陽電池モジュールは、10月も生産出荷が低下している品目で、低落傾向が11月も続いていまるものであり、「反動減」ということではありません。

 

・公表冊子
http://www.slideshare.net/ssuserf0ff62/b2010-201411sj

 

・図表集
http://www.slideshare.net/ssuserf0ff62/b2010-201411refsj

 

・ポイント抜粋
http://www.slideshare.net/ssuserf0ff62/iip11