経済解析室

第3次産業活動指数、鉱工業指数などを使って、経済産業の「今」について考えていきたいと思います。

フィットネスクラブの会員数についてのお問い合わせ

先ほど、下記のレポートの関連で、フィットネスクラブの会員の年齢構成の変遷に関するグラフを掲載させていただきました。
http://www.meti.go.jp/statistics/toppage/report/bunseki/pdf/h24/h4a1303j2.pdf

そこで、年齢構成もさることながら、フィットネスクラブの会員数のデータについてお知りになりたいとのコメントを頂戴しました。

この年齢構成のグラフにつきましては、
「.大手フィットネスクラブのうち、IR資料で会員の年齢別構成比を公表している3社(セントラルスポーツ株式会社、株式会社ルネサンス、株式会社メガロス(21年~))について単純平均したもの。会員数を公表している企業が少ないため、構成比の単純平均であることに留意する必要がある。」
という方法で作成しているので、この年齢構成のデータソースと完全に整合性のある会員数データをお示しすることができません。

別のフィットネスクラブの会員数についてのデータソースをお示ししますと、「特定サービス産業動態統計」において、毎月、フィットネスクラブの会員数の日本全体について集計しておりますので、是非こちらをご活用ください。

http://www.meti.go.jp/statistics/tyo/tokusabido/result/pdf/hv201410kj.pdf

このPDFファイルの62ページからが「28.フィットネスクラブ」となっており、会員数については、その見開きの次のページに掲載されております。

ちなみに、最新の10月分確報で言いますと会員数の合計は、307万1994人となっています。

特定サービス産業動態統計では、「フィットネスクラブ」以外にも、「遊園地・テーマパーク」や「パチンコホール」などの娯楽関連であったり、「情報サービス業」や「インターネット付随サービス業」などの業種、29業種のサービス業について毎月データを公表していますので、ご参考にしていただければと存じます。