鉱工業出荷指数も10月は、前月比2.2%上昇と比較的大きな伸び。2か月連続で大きめの上昇の結果、指数レベルも1年ぶりの高いレベル。在庫も着実に低下している。

平成28年10月の「出荷」は、季節調整済指数98.5、前月比2.2%上昇と、2か月連続の上昇となりました。今年の出荷指数は、1月に96.8、4月に96.0、9月に96.4があったほかは、指数値は95台以下でした。それらからすると、10月の98.5が比較的高い指数値であることが分かります。平成27年の指数…