読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

経済解析室

第3次産業活動指数、鉱工業指数などを使って、経済産業の「今」について考えていきたいと思います。

FBIの2016年第4四半期の動き(その4);2016年の飲食サービス業は前半低下も後半は全系列上昇で回復。

第3次産業活動指数や鉱工業生産指数等のデータから、飲食料品関連のデータを集めて、飲食関連産業の動向を指標化した「フード・ビジネス・インデックス」のうち、飲食サービス業指数の2016年、そして同年第4四半期の結果についてご紹介します。 2016年は前…

FBIの2016年第4四半期の動き(その3);2016年の食料品流通業は前年比マイナス0.1%低下。年初の卸売業の勢い続かず3四半期連続の低下。

第3次産業活動指数や鉱工業生産指数等のデータから、飲食料品関連のデータを集めて、飲食関連産業の動向を指標化した「フード・ビジネス・インデックス」のうち、食料品流通業指数の2016年、そして同年第4四半期の結果についてご紹介します。 食料品流通業…

FBIの2016年第4四半期の動き(その2);2016年の食料品工業は前年比5.2%上昇。立役者は清涼飲料。

第3次産業活動指数や鉱工業生産指数等のデータから、飲食料品関連のデータを集めて、飲食関連産業の動向を指標化した「フード・ビジネス・インデックス」のうち、食料品工業指数の2016年、そして同年第4四半期の結果についてご紹介します。 2016年に大きく…

FBIの2016年第4四半期の動き(その1);2016年におけるフード・ビジネスの名目事業規模は約179兆円。飲食関連産業(フード・ビジネス)の活動指数(実質)は、前年比0.5%上昇と2年連続の上昇。

フード・ビジネス・インデックス(FBI)とは、生活に身近な飲食料品に関連する「食料品工業」、「食料品 流通業」、「飲食サービス業」について、価格変化の影響を除いた実質指数で把握し、同時にそれを加重平均して飲食料品関連産業全体の活況度合いを把握…

FBIの2016年第4四半期の動き;2016年の飲食関連産業(フード・ビジネス)の活動指数(実質)は、前年比0.5%上昇と2年連続の上昇。名目事業規模を試算すると約179兆円。年前半の食料品工業の伸びが目立った年だった。

フード・ビジネス・インデックス(FBI)とは、生活に身近な飲食料品に関連する「食料品工業」、「食料品流通 業」、「飲食サービス業」について、価格変化の影響を除いた実質指数で把握し、同時にそれを加重平均して飲食料品関連産業全体の活況度合いを把握…

今年の前半、皆さんもコーヒーをペットボトルから注いで楽しまれたのではないでしょうか?;2016年上期のFBI(フードビジネスインデックス)を振り返る

暑さもやわらぎ、少しずつ秋めいてきました。秋といえば、食欲の秋を思い浮かべる方も多いのではないでしょうか。 そこで、私たちの消費活動としても一番身近な飲食料品関連産業が、どのように推移しているのかを確認できる指標「フードビジネスインデックス…

目下の対個人サービスでは、小売業の水準も低いが、サービス需要も停滞気味。観光関連、飲食関連、コンテンツ関連の各指数も不調。プロスポーツが好調な娯楽業活動指数には「底打ち」感も。

平成28年6月の第3次産業全体を対個人と対事業所に分けて集計したものをみてみます。 平成28年6月は、広義対事業所サービスが前月比0.3%上昇と2か月ぶりの上昇、広義対個人サービスが前月比0.9%上昇で4か月ぶりの上昇となりました。 四半期ベ…

フードビジネスインデックス2015 ~個人消費の推移を見る上で重要な飲食料品関連産業全体の動きを見てみました~

8%への消費税増税からもうすぐ2年が経ちます。近時も個人消費がなかなか上昇してこないということが話題になっています。 そこで、私たちの消費活動に一番身近な飲食料品関連産業が、どのように推移しているのかを確認できる指標「フードビジネスインデッ…

お値段に敏感なのは、「内食」か「外食」か? ~飲食関連産業指数の動きの違い

今回は、飲食関連産業指数を使って飲食関連のサービスビジネスの近時の動向をご紹介します。 飲食関連産業指数とは、個人向けの飲食関連サービスを選び出し、飲食関連の産業全体の動きをみようとするものです。 具体的には「飲食店,飲食サービス業」と「飲…

喫茶店の動向とコーヒー・茶系飲料の嗜好の変化  ~喫茶店は「意外と」利用されてます

近年、大手のコンビニでは一杯100円程度の持ち帰りコーヒーを店頭販売するようになり、朝のオフィス街でも紙コップを片手に歩く人をしばしば見かけます。ペットボトルの普及なども手伝って、場所を選ばずにどこでも飲み物を飲むことができるようになりま…

今年2月のサービスビジネスにおいては、業種としては「飲食店、飲食サービス業」が牽引役

2月の第3次産業活動指数を業種別に見てみると、全13業種のうち、6業種が前月比上昇、7業種が前月比低下となっています。 2月の上昇への寄与業種については、まずは「宿泊業、飲食サービス業」の上昇寄与が大きくなっています。これに続くのが、寄与の…

美理容業についても第3次産業活動指数で比較してみました

平成27年1月の第3次産業活動指数の結果をご説明する一環で、タクシー業や遊興飲食店の指数についてもご紹介しました。そのエントリに対して、「特に飲食業、理容業などは、26年は25年より1割程度売り上げが落ちていた印象です。」というコメントを頂戴し…

1月の3次指数を引き下げていた業種として気になるのは「飲食店、飲食サービス業」の低下

今年1月の第3次産業活動指数の前月比は、プラス1.4%の上昇でしたが、それでも、全13業種のうち5業種が低下となっています。 とはいえ、極端に低下寄与の大きい業種はありません。1月の気温が高かったことから暖房需要が減った電気業や、金融商品取…

「飲食料品小売業」と「飲食店、飲食サービス業」の指数を比較してみると、飲食小売の回復が早い

10月の第3次産業活動指数の動きの大きな特徴は、「広義し好的個人向けサービス」の大きな前月比低下でした。 そこで、「非選択的」個人サービスと「し好的」個人サービスの違いを特徴的に示すサービスとして、飲食料品小売業と「飲食店、飲食サービス業」…

レストランが不振だった7月の飲食サービス指数

平成26年7月の飲食サービス指数(大分類 宿泊業、飲食サービス業の中の「飲食店、飲食サービス業」の系列の季節調整済月次指数)は、指数値で100.4、前月比▲2.3%低下と2ヶ月連続の低下となってしまいました。 第3次産業総合が2か月連続で前月比…

6月の飲食店飲食サービス業指数について

第3次産業活動指数の細かい系列の動きを見てみる試みとして、「飲食店、飲食サービス業」の指数の動きを見てみようと思います。 まず、平成26年6月の「飲食店、飲食サービス業」の季節調整済指数の指数値は、102.8で、前月比▲2.6%の低下となり…