経済解析室

第3次産業活動指数、鉱工業指数などを使って、経済産業の「今」について考えていきたいと思います。

経済解析室ニュース

4月計画は大きめの増産、はん用・生産用・業務用機械、輸送機械、電子部品・デバイス工業の「3役」によるもの。5月は輸送機械工業を除き、ほぼ4月の生産水準を維持するが、輸送機械の低下により4月計画からは低下という結果。

4月の生産計画は大幅上昇の見込み、5月は低下 平成29年4月上旬に実施した今年4月、5月の生産計画を調査した、生産予測調査の結果です。 平成29年4月の生産計画については、前月比8.9%上昇と、非常に大きな生産上昇を見込んでいます。前回調査の…

今年3月の鉱工業生産の低下には、半導体関係の品目の生産低下が響いた。第1四半期では、電子部品・デバイス工業の上昇と自動車関係の輸送機械工業の低下が相殺しあって、生産は小幅上昇となった。

平成29年3月の鉱工業生産は、前月比マイナス2.1%低下だった訳ですが、15業種のうち11業種が前月比低下となりました。 生産低下への影響度、寄与が特に大きいのは、はん用・生産用・業務用機械工業と電子部品・デバイス工業でした。低下寄与3位の…

生産、出荷は前月比低下、在庫は上昇。四半期では、生産は前期比上昇を維持。出荷の前期比はマイナスだが、第1四半期末の在庫循環は「在庫減局面」にあり、生産と出荷のバランスが崩れているということではない。

3月は前月比低下だが、第1四半期、平成28年度はプラスを確保 平成29年3月の「生産」は、季節調整済指数99.6、前月比マイナス2.1%低下となりました。前年同月比は3.3%上昇で、5か月連続で前年同月比上昇が続いています。2月の前月比上昇幅…

平成29年3月の鉱工業生産は、前月比マイナス2.1%低下、第1四半期は前期比0.1%上昇で4期連続の前期比上昇、先行き計画は、4月の大幅上昇、5月の低下見込み。基調判断は「持ち直しの動き」に据置き。

3月の鉱工業生産は、前月比低下。第1四半期は前期比上昇 平成29年3月の「生産」は、季節調整済指数99.6、前月比マイナス2.1%低下となりました。前年同月比は3.3%上昇で、5か月連続で前年同月比上昇が続いています。2月の前月比上昇幅がプラ…

2月の全産業活動指数は、前月比0.7%と3か月ぶりの上昇と、1月の低下幅を上回る伸びを示すなど、緩やかな上昇基調にある。2月の上昇の立役者は大幅な伸びとなった鉱工業生産。

1月の低下幅を上回る上昇率、指数水準は104台に到達 平成29年2月の全産業活動指数は、指数値104.0、前月比0.7%と3か月ぶりの上昇となりました。4か月ぶりに前月比が低下となった1月の低下幅マイナス0.4%を上回る上昇率となり、指数値も消…

対個人サービスは、年明けに大きく伸び、ほぼ1年ぶりの高い水準に。特に「し好的サービス」が伸びており、ここ半年間前月比マイナスがないという推移となっている。

第3次産業活動指数は、大きく「広義対個人サービス」と「広義対事業所サービス」に分けることができます。 2月は、対個人サービス活動指数は、指数値105.4、前月比0.5%上昇と2か月連続の前月比上昇でした。ただ、「2か月連続上昇」ですが、その前…

平成28年11月をピークに対事業所サービスは低下基調に局面転換。2月までで3か月連続の前月比低下。平成28年平均の水準を割り込んでいる。

第3次産業活動指数は、大きく「広義対個人サービス」と「広義対事業所サービス」に分けることができます。 2月の対事業所サービス活動指数は、指数値102.4、前月比マイナス0.3%低下と3か月連続の前月比低下となりました。この102.4という指数…

事業者向け関連サービス、小売業が上昇寄与、企業向け情報サービス業や卸売業といった企業向けサービスが低下寄与。寄与業種の内訳をみると、業種全体というよりは、ピンポイントの上昇/低下だった。

平成29年2月の第3次産業活動指数は、3か月ぶりの前月比上昇となりましたが、11大分類業種のうち、4業種が前月比上昇、6業種が前月比低下、「医療,福祉」は前月比横ばいでした。全体として前月比上昇を確保した割には、上昇業種の数が少ないという…

2月の第3次産業活動指数は、引き続き狭いレンジでの動き。ただ、その内訳の動きをみると、昨年までとは異なる動きが出てきている。

平成29年2月の第3次産業活動指数総合は、季節調整済指数104.1、前月比0.2%上昇と、3か月ぶりの前月比上昇となりました。昨年6月の指数値が103.9となってから、104を挟んでの狭いレンジの動きが引き続き続いています。 ただ、その内訳の…

10月の全産業活動指数は、前月比0.2%の上昇と、ここ5か月間、小幅上昇または横ばいで推移。内訳の産業別には月ごとにけん引役が入れ替わるも、全産業活動指数全体ではこのところ緩やかな上昇基調。

平成28年10月の全産業活動指数は、指数値103.5、前月比0.2%と2か月ぶりの上昇となりました。全産業活動指数は、6月以降、5か月間横ばいまたは小幅上昇となっており、安定的に上昇しています。 10月の結果を産業別にみると、建設業活動が低…

平成28年9月の全産業活動指数は4か月連続の上昇、四半期でも7~9月期は2四半期連続の上昇と堅調に推移

平成28年9月の全産業活動指数は、指数値103.5、前月比0.2%と4か月連続の上昇となりました。全産業活動指数は、今年前半こそ月ごとに上下動しましたが、6月に大きめの上昇となった後、ここ3か月間連続で前月比0.2%と小幅ながら安定的な上…

8月鉱工業指数まとめ-8月は輸送機械工業の国内向け出荷や、主要地域向け輸出が低迷し、鉱工業出荷は前月比低下。とはいえ、在庫調整は着実に進展。

1.出荷(輸出向け、国内向け) 平成28年8月(確報)の鉱工業出荷は、指数値で94.7、前月比マイナス1.1%低下(7月確報94.7、前月比0.7%)と3か月ぶりの前月比低下でした。7、8月の出荷指数の平均が95.3で、第2四半期の指数値94.9…

鉱工業生産、第3次産業活動(サービスビジネス)ともに前期比プラス。産業全体では、5四半期ぶりに前期比で上昇した平成28年4-6月期の産業活動。

経済解析室で、毎月作成している全産業活動指数などの経済指標は、平成28年4-6月期にどのような動きを見せていたのでしょうか? 各指標の平成28年第2四半期の動きをグラフや表でビジュアルに表現したミニ経済分析「鉱工業指数と第3次産業活動指数か…

(経済解析室ニュース)日系海外現地法人の部品などの調達先は、業種によって違いがあるのか、同じのなのか?;海外現地法人の調達行動を主要4業種間で比較

日本の製造業のグローバル化は進み、全出荷量のうちの3割が海外拠点からのものであり、その出荷先も4割が海外市場となっています。 同時に、日本からの輸出の5割以上は生産財であり、その行く先の一つである日系製造業の海外現地法人の調達の中にも、日本…

(経済解析室ニュース)投資向けサービスが際立った前月比上昇をみせ、4月の第3次産業活動指数は、ほぼ8年ぶりの高水準。基調判断は、「一進一退」のみに引き上げ

平成28年4月の第3次産業活動指数は、前月比1.4%上昇と、2か月ぶりに、第3次産業活動指数としては大きめの前月比上昇となりました。指数値104.6というのは、平成26年3月の駆け込み需要期の指数水準を除けば、ほぼ8年ぶり、平成20年(2…

鉱工業生産の前期比マイナスを、第3次産業活動(サービスビジネス)で補えず、産業全体で見ると、あまり活況とは言えなった平成28年1-3月期の産業活動

経済解析室で毎月作成している全産業活動指数などの経済指標が、平成28年1-3月期にどのような動きを見せていたのでしょうか? 各指標の平成28年第1四半期の動きをグラフや表でビジュアルに表現したミニ経済分析「鉱工業指数と第3次産業活動指数から…

(経済解析室ニュース)5四半期連続の低下となった中国向け出荷 ;現地法人の先行き期待感も鈍化傾向

2015年12月に公表したミニ経済分析「中国向け出荷減少の背景には何があるのか?~現地法人と電子部品を中心に~」では、中国向け出荷の減少の背景について、経済産業省の統計指標及び調査結果を中心に用いて定量的な分析を行い、考察しました。 今回の…