経済解析室

第3次産業活動指数、鉱工業指数などを使って、経済産業の「今」について考えていきたいと思います。

第3次産業活動指数

平成29年第1四半期産業動向;対事業所サービスが11期ぶりに前期比マイナス。これにより第3次産業活動指数も低下

経済解析室で毎月作成している鉱工業指数や第3次産業活動指数などの経済指標は、平成29年第1四半期にどのような動きを見せていたのでしょうか。 各指標の平成29年1-3月期の動きをグラフや表で表現したミニ経済分析「鉱工業指数と第3次産業活動指数…

平成29年第1四半期産業動向;サービス産業全体は、マイナス0.2%と5期ぶりに微減。事業者向け関連サービス等が回復も、前期に引き続き卸売業の低下が影響

経済解析室で毎月作成している鉱工業指数や第3次産業活動指数などの経済指標は、平成29年第1四半期にどのような動きを見せていたのでしょうか。 各指標の平成29年1-3月期の動きをグラフや表で表現したミニ経済分析「鉱工業指数と第3次産業活動指数…

今年4月のサービス産業全体を大きく動かした情報通信業(情報サービ業)の指数推移をご紹介します。

今月の「ミニミニトピックス」は、2017年6月9日に発表した4月分の第3次産業活動指数より、大分類業種(情報通信業)の結果概要を紹介します。 ◎ミニミニトピックス www.meti.go.jp 平成29年4月の情報通信業 平成29年4月の情報通信業は、110.7、前月比3.6%…

ソフトウェア業を中心に情報通信業と、プロスポーツ観戦を中心に生活娯楽関連サービスが大幅上昇。他方、財の取引に付帯するサービスが堅調な推移。

平成29年4月の第3次産業活動指数は、5か月ぶりの前月比上昇となりましたが、11大分類業種のうち、8業種が前月比上昇、3業種が前月比低下でした。比較的上昇幅も大きかったこともあり、上昇業種が多くなっていますし、低下業種の低下寄与も小さめと…

今年4月の対個人サービスは、前月比上昇で、上昇幅も大きめ。プロスポーツ観戦、買物、観光などに人が動いて、サービス全体を押し上げている。

対個人サービスは3月の大きめの低下から、4月は反転上昇 第3次産業活動指数は、大きく「広義対事業所サービス」と「広義対個人サービス」に分けることができます。 4月の対個人サービス活動指数は、指数値105.7、前月比1.8%と2か月ぶりの上昇と…

平成29年4月の対事業所サービスは2か月連続の前月比上昇。非製造業向けサービスや投資向けサービスの水準が、近年の最高レベルになり、対事業所サービスの押し上げ役になっている。

対事業所サービスは2か月連続で前月比上昇 第3次産業活動指数は、大きく「広義対事業所サービス」と「広義対個人サービス」に分けることができます。 4月の対事業所サービス活動指数は、指数値104.2、前月比0.7%と2か月連続上昇となりました。昨…

4月のサービス産業の動向は、前月比1.2%と5か月ぶりの前月比上昇で、上昇幅も大きめ。3月の低下はあったが、均して指数値104前後の推移に復帰している。対個人サービスが大きく上昇寄与。

サービス全体は5か月ぶりの前月比上昇 平成29年4月の第3次産業活動指数総合は、季節調整済指数104.8、前月比1.2%上昇と、5か月ぶりの前月比上昇となりました。 3月は情報サービス業やプロスポーツの特殊な動きによって、前月比低下となりまし…

平成29年4月の第3次産業活動指数は、3月からの反動増も含めて、大きめの上昇。全般的に良い数字となっているが、活動レベルを均すと狭いレンジでの動きが続いている。

平成29年4月の第3次産業活動指数総合は、季節調整済指数104.8、前月比1.2%上昇と、5か月ぶりの前月比上昇となりました。3月は前月比低下となりましたが、そこからの反動増も含めて、4月のサービス産業活動指数は、比較的大きめの上昇幅を見せ…

今年第1四半期と平成28年度のサービス産業活動指数について紹介します。

今月の「ミニミニトピックス」は、2017年5月16日に発表した3月分の第3次産業活動指数より、平成28年1-3月期及び平成28年度の結果概要を紹介します。 ◎ミニミニトピックのページ www.meti.go.jp - ① 平成29年1-3月期の結果概要 - - 平成29年1-3月期の第3次…

ソフトウェア業を中心に情報通信業と、プロスポーツ観戦を中心に生活娯楽関連サービスが大幅低下。他方、財の取引に付帯するサービスが堅調な推移。

平成29年3月の第3次産業活動指数は、2か月ぶりの前月比低下となりましたが、11大分類業種のうち、4業種が前月比低下、6業種が前月比上昇、不動産業は前月比横ばいでした。全体として前月比低下となった割には、低下業種の数が少ないという印象です…

今年3月の対個人サービスは7か月ぶりの前月比低下、し好的個人向けサービスが大きく低下し、全体を押し下げた。

対事業所サービスは上昇、対個人サービスは低下 第3次産業活動指数は、大きく「広義対個人サービス」と「広義対事業所サービス」に分けることができます。3月は、対個人サービス活動指数は、指数値104.5、前月比マイナス0.6%低下と7か月ぶりの前月…

今年3月の対事業所サービスは4か月ぶりの前月比上昇、製造業向けサービスが大きく上昇し、全体を押し上げた。

対事業所サービスは上昇、対個人サービスは低下 第3次産業活動指数は、大きく「広義対個人サービス」と「広義対事業所サービス」に分けることができます。3月は、対個人サービス活動指数は、指数値104.5、前月比マイナス0.6%低下と7か月ぶりの前月…

3月のサービス産業の動向は、2か月ぶりの前月比低下、第1四半期も5四半期ぶりに低下だが、ともに低下幅自体は小さい。特殊要因による低下分を割り引けば、総合指数の推移に変化なし。

サービス全体は2か月ぶりの前月比低下、指数値も若干低めの値に 平成29年3月の第3次産業活動指数総合は、季節調整済指数103.8、前月比マイナス0.2%低下と、2か月ぶりの前月比低下となりました。 昨年6月の指数値が103.9となってから、10…

平成29年3月の第3次産業活動指数は、前月比マイナス0.2%低下、第1四半期も5期ぶりに前期比低下。3月の低下は特殊要因によるもので、基調判断は「横ばい」で据え置き

平成29年3月の第3次産業活動指数総合は、季節調整済指数103.8、前月比マイナス0.2%低下と、2か月ぶりの前月比低下となりました。今年第1四半期の指数値は103.9で、前期比マイナス0.2%と5期ぶりの低下となりました。 特殊要因よる低下が…

平成28年の第3次産業活動指数は、対事業所サービス・投資向けサービスが堅調に推移し、前年比上昇

経済解析室で毎月作成している鉱工業指数や第3次産業活動指数などの経済指標は、平成28年にどのような動きを見せていたのでしょうか。 今回は、平成28年の第3次産業活動指数について、対個人/対事業所向けサービスの動向を確認してみます。 平成28…

平成28年のサービス産業は2年連続で前年比上昇となり、指数水準は現行基準で最高水準、幅広い業種で上昇がみられた

経済解析室で毎月作成している鉱工業指数や第3次産業活動指数などの経済指標は、平成28年にどのような動きを見せていたのでしょうか。 今回は、平成28年の第3次産業活動指数について、業種別、形態別の動向を確認してみます。 サービス産業は、2年連…

平成28年の産業活動概観; 製造業は消費財生産、サービス産業では対事業所サービス・投資向けサービスが主役だった平成28年の産業活動

経済解析室で毎月作成している鉱工業指数や第3次産業活動指数などの経済指標は、平成28年にどのような動きを見せていたのでしょうか。各指標の平成28年の動きをグラフや表で表現したミニ経済分析「鉱工業指数と第3次産業活動指数からみた平成28年の…

対個人サービスは、年明けに大きく伸び、ほぼ1年ぶりの高い水準に。特に「し好的サービス」が伸びており、ここ半年間前月比マイナスがないという推移となっている。

第3次産業活動指数は、大きく「広義対個人サービス」と「広義対事業所サービス」に分けることができます。 2月は、対個人サービス活動指数は、指数値105.4、前月比0.5%上昇と2か月連続の前月比上昇でした。ただ、「2か月連続上昇」ですが、その前…

平成28年11月をピークに対事業所サービスは低下基調に局面転換。2月までで3か月連続の前月比低下。平成28年平均の水準を割り込んでいる。

第3次産業活動指数は、大きく「広義対個人サービス」と「広義対事業所サービス」に分けることができます。 2月の対事業所サービス活動指数は、指数値102.4、前月比マイナス0.3%低下と3か月連続の前月比低下となりました。この102.4という指数…

事業者向け関連サービス、小売業が上昇寄与、企業向け情報サービス業や卸売業といった企業向けサービスが低下寄与。寄与業種の内訳をみると、業種全体というよりは、ピンポイントの上昇/低下だった。

平成29年2月の第3次産業活動指数は、3か月ぶりの前月比上昇となりましたが、11大分類業種のうち、4業種が前月比上昇、6業種が前月比低下、「医療,福祉」は前月比横ばいでした。全体として前月比上昇を確保した割には、上昇業種の数が少ないという…

2月の第3次産業活動指数は、引き続き狭いレンジでの動き。ただ、その内訳の動きをみると、昨年までとは異なる動きが出てきている。

平成29年2月の第3次産業活動指数総合は、季節調整済指数104.1、前月比0.2%上昇と、3か月ぶりの前月比上昇となりました。昨年6月の指数値が103.9となってから、104を挟んでの狭いレンジの動きが引き続き続いています。 ただ、その内訳の…

平成29年2月の第3次産業活動指数は、前月比0.2%上昇と3か月ぶりの前月比上昇。全体的に良い状態というより、ピンポイントでの上昇が目立つ。対個人サービスが、サービス産業上昇の主役に。

平成29年2月の第3次産業活動指数総合は、季節調整済指数104.1、前月比0.2%上昇と、3か月ぶりの前月比上昇となりました。昨年6月の指数値が103.9となってから、104を挟んでの狭いレンジの動きが引き続き続いています。 ピンポイントの上…

ここの所、動きの目立つスポーツ関連産業活動指数についてご紹介します。

今月の「ミニミニトピックス」は、2017年3月13日に発表した1月分の第3次産業活動指数より、再編集系列(スポーツ関連産業)の結果概要を紹介します。 ◎結果概要のページ www.meti.go.jp 平成29年1月のスポーツ関連産業 平成29年1月期のスポーツ関連産業は10…

今年1月のサービス産業活動指数を大きく引き下げた卸売業の推移についてまとめています。

今月の「ミニミニトピックス」は、2017年3月13日に発表した1月分の第3次産業活動指数より、大分類業種(卸売業)の結果概要を紹介します。 ◎結果概要のページ www.meti.go.jp 平成29年1月の卸売業 平成29年1月期の卸売業は、90.9、前月比-3.0%と2か月連続…

生活関連型サービスでは、内訳2業種が共に前月比上昇。インフラ型では「金融業,保険業」が、財の取引仲介型では、卸売業の低下寄与が大きくなっていた。

第3次産業活動指数の大分類11業種のうち、多様なものが含まれる事業者向け関連サービスを除く10業種を、その形態・性質で3種類に分類して、その推移を見ることができます。 1月のインフラ型サービス活動 まず「インフラ型サービス活動指数」で、「金融…

昨年末から対個人サービスは2か月連続前月比上昇、一方、昨年のサービス産業を支えた対事業所サービスは2か月連続の前月比低下。方向感の「入れ替わり」が生じ始めている。

第3次産業活動指数は、大きく「広義対個人サービス」と「広義対事業所サービス」に分けることができます。 2か月連続で対個人は上昇、対事業所は低下 1月は、対個人サービス活動指数は、指数値105.1、前月比0.2%上昇と2か月連続の前月比上昇でし…

平成29年1月のサービス産業では、2か月連続前月比低下の卸売業の低下幅が大きく、「薄く広く」前月比上昇した各業種の上昇分を相殺してしまい、サービス産業全体としては、前月比横ばいに。

平成29年1月の第3次産業活動指数は、昨年12月の前月比低下から、横ばいとなりましたが、11大分類業種のうち、8業種が前月比上昇、3業種が前月比低下でした。 「医療,福祉」が上昇。技術サービス、広告も前月比上昇 前月比上昇業種8業種のうち、…

サービス産業(第3次産業)活動指数総合は、昨年12月の前月比低下から、今年1月には前月比横ばいに。基調判断も「横ばい」に据え置き。

昨年6月からの「なぎ」状態が続いている 平成29年1月の第3次産業活動指数総合は、季節調整済指数103.9、前月比横ばいとなりました。昨年12月は3か月ぶりに前月比低下となり、サービス産業の活動が低下傾向に変化するのかと懸念されましたが、年…

平成29年1月の第3次産業活動指数は、前月比横ばいで、狭いレンジでの動きが続いている。卸売業の不調が続き、対事業所サービスは2か月連続の低下。一方、対個人サービスは、2か月連続上昇で、10か月ぶりの高い水準に。

平成29年1月の第3次産業活動指数総合は、季節調整済指数103.9、前月比横ばいとなりました。昨年12月は3か月ぶりに前月比低下となり、サービス産業の活動が低下傾向に変化するのかと懸念されましたが、年明け1月は、横ばいに「踏みとどまり」ま…

平成28年10-12月期の産業活動(その4);対事業所サービスは横ばいで、対個人サービスは2期連続で前期比上昇。対事業所サービスと対個人サービスの立場の「入れ替わり」を示唆するような結果となった平成28年第4四半期。

第3次産業活動指数は、大きく「広義対事業所サービス」と「広義対個人サービス」に分けることができます。 対事業所サービスは、前期比横ばい 平成28年第4四半期の対事業所サービスの指数値は103.6、前期比横ばいとなりました。この103.6とい…