読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

経済解析室

第3次産業活動指数、鉱工業指数などを使って、経済産業の「今」について考えていきたいと思います。

平成28年11月の鉱工業生産確報は指数値99.9で、消費税率引上げ前の平成25年第4四半期よりも高い水準に到達。11月の出荷は2か月連続の前月比上昇、輸出向け出荷は1月以来の高水準に。

1.生産、生産能力、稼働率 平成28年11月(確報)の鉱工業生産は、指数値で99.9、前月比1.5%上昇(10月確報98.4、前月比横ばい)となりました。これで、10月の横ばいを挟んで、4か月連続で前月比マイナスのない状態が続いています(こ…

平成28年9月の鉱工業活動図表集のスライドショーです

平成28年9月の鉱工業活動指数のデータをグラフや表でビジュアルに説明した、スライド資料をスライドショースタイルでアップしていますので、是非ご活用ください。 矢印でページの前後を行き来できるほか、スライドの右側をクリック、タップ等するとページ…

9月鉱工業指数まとめ-9月の鉱工業生産は前月比0.6%上昇、四半期ベースでも2期連続上昇。生産能力指数が7か月ぶりに前月比上昇のため、稼働率は前月比低下。10月以降の生産見込みは横ばい程度の推移が見込まれるが、マインド指標では「強気」

1.生産、稼働率 平成28年9月(確報)の鉱工業生産は、指数値で98.4、前月比0.6%上昇(8月確報97.8、前月比1.3%)、2か月連続の前月比上昇でした。比較的高い前月比上昇を見せた8月の水準を更に上回り、今年1月の季節調整済指数値を…

動きで見せます「稼働率・能力指数のグラフで見る製造工業の成長と縮小のプロセス」

経済解析室では、「動きで見る経済指標」と題して、経済解析室で作成している経済指標のグラフやチャートを簡単な動画(アニメーション)としてお見せする試みをはじめています。 今回は、1978年から始まる第9景気循環から最近の’暫定)第16景気循環…

平成28年8月の鉱工業活動図表集のスライドショーです

平成28年8月の鉱工業活動指数のデータをグラフや表でビジュアルに説明した、スライド資料をスライドショースタイルでアップしていますので、是非ご活用ください。 矢印でページの前後を行き来できるほか、スライドの右側をクリック、タップ等するとページ…

8月鉱工業指数まとめ-8月の生産能力は前月比横ばい。一時的に設備投資関連の財・サービスの提供も一服。他方、個人向けの財、サービスともにやはり8月は前月比低下。

1.生産能力と資本財出荷、投資向けサービス 平成28年8月の生産能力指数は、前月から変化なしとなりました。 電子部品・デバイス工業、金属製品工業、パルプ・紙・紙加工品工業では生産能力が増加していましたが、繊維工業、窯業・土石製品工業では生産…

平成28年7月の鉱工業活動の状況を説明したエントリーをまとめておきます

平成28年7月分の鉱工業生産出荷、在庫、在庫率指数の結果(確報)、鉱工業出荷内訳表に基づいた国内/輸出向け出荷の結果、生産能力・稼働率指数の結果を説明しているエントリーをまとめておきます。 どのエントリーからでもお読みいただけると思います。…

平成28年7月の鉱工業活動図表集のスライドショーです

平成28年7月の鉱工業活動指数のデータをグラフや表でビジュアルに説明した、スライド資料をスライドショースタイルでアップしていますので、是非ご活用ください。 矢印でページの前後を行き来できるほか、スライドの右側をクリック、タップ等するとページ…

7月の鉱工業指数まとめ-製造業の生産能力は引き続き低下だが、今年7月までの資本財出荷や投資向けサービスの動きは堅調。7月の消費財の国内向け出荷や小売業活動指数は良い数値だが、個人向けサービスの動きは、はかばかしくない。

1.生産能力と資本財出荷、投資向けサービス 平成28年7月の生産能力指数は、5、6月の横ばい推移から、前月比0.2%低下となりました。前年水準との比較でも昨年8月以降12か月連続で、前年同月比マイナスとなっており、低下基調が続いています。指…

戦後2回目の縮小均衡プロセスにある生産能力指数を機械工業と機械工業以外で比較してみました。

経済産業省が公表している生産能力指数は、「事業所が保有する生産設備でどれだけの生産が可能か」を表すものです。今回は、オイルショック後の調整末期にあたる1983 年からの比較的長期の推移を、製造工業の約6割を占める機械工業と、残り約4割にあたる機械…

目下の日本の製造業では、資本ストックと生産能力の変化がかい離しています

経済産業省が公表している生産能力指数は、「事業所が保有する生産設備でどれだけの生産が可能か」を表すものです。これと、生産要素(資本と労働*)の賦存量・投入量との関係を見たところ、近年、資本は増加しているのに、生産能力が低下していることが判り…

平成28年6月の鉱工業活動の状況を説明したエントリーをまとめておきます

平成28年6月分の鉱工業生産出荷、在庫、在庫率指数の結果(確報)、鉱工業出荷内訳表に基づいた国内/輸出向け出荷の結果、生産能力・稼働率指数の結果を説明しているエントリーをまとめておきます。 どのエントリーからでもお読みいただけると思います。…

平成28年6月の鉱工業活動図表集のスライドショーです

平成28年6月の鉱工業活動指数のデータをグラフや表でビジュアルに説明した、スライド資料をスライドショースタイルでアップしていますので、是非ご活用ください。 矢印でページの前後を行き来できるほか、スライドの右側をクリック、タップ等するとページ…

6月鉱工業指数まとめ-資本財出荷は好調だが、更新投資中心なのか、生産能力上昇には直結していない状況。6月は耐久消費財の国内向け出荷はプラスだが、四半期ではマイナスとなり指数値も低い。

1.生産能力と資本財出荷 平成28年6月の生産能力指数は、5月に続いて、前月比横ばいとなりました。前年水準との比較でも昨年8月以降11か月連続で、前年同月比マイナスとなっており、低下基調が続いています。 指数値94.6も、現在の基準の指数では…

5月鉱工業指数まとめ-5月は資本財の国内向け出荷は前月比上昇、投資向けサービスは低下。生産能力は横ばいで、30年ぶりの低水準。鉱工業指数の動きとサービスに違いがあった5月。

1.生産能力と資本財出荷 平成28年5月の生産能力指数は、前月比横ばいとなりました。前年水準との比較でも昨年8月以降10か月連続で、前年同月比マイナスとなっており、低下基調が続いています。指数値94.6も、ほぼ30年ぶりの低水準となっています…

5月の生産能力は、製造工業全体では前月比増減なしで、4月に引き続き過去最低水準。稼働率は、2か月連続の低下。

平成28年5月の製造工業生産能力指数は94.6で、前月比横ばい、前年同月比マイナス0.9%低下となりました。この生産能力指数の値94.6は、平成22年の平均水準を100とした現行基準指数では、最低値となります。この現行基準で最低値の生産能力…

4月の鉱工業指数まとめ(その2);資本財(輸送機械を除く)の国内向け出荷や投資向けサービスの活動(受注など)が好調ではあったのですが、国内工場の生産キャパシティーは低下しています。能力増強投資が継続的に実施されるような稼働率水準からはまだ遠い状態です。

1.生産能力と資本財出荷 平成28年4月の生産能力指数は、前月比マイナス0.2%と2か月連続で能力低下 となりました。前年水準との比較でも昨年8月以降9か月連続で、前年同月比マイナスとなっており、低下基調が続いています。指数値94.6も、ほ…

4月は、生産能力指数も前月比低下、稼働率指数も前月比低下。化学工業は久方ぶりに生産能力が前月比で増加。稼働率では、輸送機械工業の稼働率低下が大きく響いた。

平成28年4月の製造工業生産能力指数は94.6で、前月比マイナス0.2%低下、前年同月比マイナス0.8%低下となりました。この生産能力指数の値94.6は、平成22年の平均水準を100とした現行基準指数では、(3月に引き続き)最低値となります…

平成28年3月の鉱工業活動図表集のスライドショーです(鉱工業指数、出荷内訳表、生産能力・稼働率指数)

平成28年3月の鉱工業活動のデータをグラフや表でビジュアルに説明した、スライド資料をスライドショースタイルでアップしていますので、是非ご活用ください。 矢印でページの前後を行き来できるほか、スライドの右側をクリック、タップ等するとページが進…

3月の生産能力指数は、2008年以降では、最低値に低下。この生産能力のレベルは、ほぼ30年ぶりの低水準

平成28年3月の生産能力指数は94.8で、前月比マイナス0.1%低下、前年同月比マイナス0.8%低下となりました。この生産能力指数の値94.8は、平成22年の平均水準を100とした現行基準指数では、最低値となります。今年の1月にこの最低値を…

平成28年2月の鉱工業活動の図表集のスライドショーです。

平成28年2月の鉱工業生産・出荷・在庫指数、鉱工業出荷内訳表、製造工業稼働率・生産能力指数のデータをグラフや表でビジュアルに説明した、スライド資料をスライドショースタイルでアップしていますので、是非ご活用ください。 ◎平成28年2月 鉱工業図…

(経済解析室メルマガ)平成28年2月の稼働率は機械工業を中心に前月比大幅な低下、生産能力は前月比上昇も前年同月比は7か月連続で低下

平成28年2月の製造工業稼働率指数は94.5で、前月比▲5.4%低下と2か月ぶりの前月比低下となりました。2月の鉱工業生産指数が前月比で▲5.2%低下と大きく低下しましたので、生産の低下、すなわち稼働率の低下ということになっています。 稼働率…

平成28年2月の生産能力指数は前月比上昇。とはいえ、業種的な広がりに欠け、前年同月比は7か月連続低下となっています。

平成28年2月の生産能力指数は94.9で、前月比0.1%上昇、前年同月比▲0.7%低下となりました。 平成28年2月の鉱工業活動(インフォグラフィック集) from 経済解析室,経済産業省 改めて、ここ2年ほどの生産能力指数の推移をみてみると、一昨年…

今年の1月、資本財の国内向け出荷は伸びたが、生産能力の増強には結びつかず、2か月連続の前年同月比マイナス。

平成28年1月の生産能力指数は95.0で、前月比▲0.2%低下となりました。 平成28年1月の鉱工業活動(インフォグラフィック集) from 経済解析室,経済産業省 改めて、ここ2年ほどの生産能力指数の推移をみてみると、一昨年後半に下げ止まりの動き…

平成27年製造業全体の前年末比は、▲0.1%低下。12月の前年同月比マイナスは、8か月ぶり。

平成27年12月の生産能力指数は95.2で、前月比横ばいとなりました。 改めて、昨年1年間の生産能力指数の推移を見てみると、平成27年1月に前月比0.3%上昇と生産能力指数の一月の上昇幅としては大きめの前月比上昇を見せました。翌2月は横ばいで…

平成27年11月の生産能力・稼働率指数の結果説明エントリーをまとめました。

平成27年11月の国内製造事業所の稼働状況や、生産設備の変動状況などを示す、生産能力・稼働率指数の説明エントリーをまとめてみました。 この順番でお目通しいただくと、話の筋が通りやすいかと思います。 keizaikaisekiroom.hatenablog.com keizaikais…

2015年11月の稼働率指数をみると、生産能力指数が継続的に上昇し始めた過去の転換点からは、まだ遠い。

平成27年10月と11月のデータで、生産能力(製造業の瀬生産設備の増減)と稼働率の関係について見ていきたいと思います。 生産能力と稼働率の関係について考えみると、稼働率の変化にやや遅れて設備投資(フロー)が増減し、これにより生産能力(ストッ…

2015年11月の生産能力は、3か月ぶりに低下。機械工業の生産能力は横ばいでしたが、やはり非機械工業の能力削減は続いていた状態。

11月の生産能力指数は95.2で、前月比▲0.1%低下と3か月ぶりに前月比低下となりました。前年同月比は横ばいとなっており、8か月の間、前年同月比でマイナスのない月が続いています。 とはいえ、昨年8月以降の前年水準を上回る幅は非常に小さなもの…

リーマンショック以降の日米生産能力比較 ~輸送機械と電子部品・デバイスの違い~

昨今の日本産業の動向を見る上で、設備投資に視線が集まっています。また、日本のモノ作りの基盤がどうなっているのかという点を気にされている方も多いと思います。そこで、日本の製造業の生産能力について、米国と比較してみようと思います。 日本の生産能…

2月は、総じていえば、国内製造業の生産能力の削減については機械工業を中心に方向転換が期待されつつある状況となり、国内製造業の稼働状況は良くなっていると言えます。

今年2月の生産能力指数や稼働率指数について総括的にまとめてみます。 1月の生産能力については、これまでの前年同月比低下一辺倒の動きとは異なる動きを見てとることができるとご説明しました。この方向性は、2月の結果においても変わらなかったと考えま…

2月は前月比横ばいだが、緩やかに反転上昇モードへの転換を伺う様相の製造業生産能力指数

平成27年2月末の生産能力は、指数値95.6、前月比横ばいとなりました。 生産能力指数は、昨年の7月に前月比▲0.1%低下となって以降は、横ばいが3回、前月比上昇が4回となり、7か月間前月比低下がないという状態が続いています。 勿論、2月の前…

長期的な日本国内の製造工業生産生産能力の推移

昨今、国内回帰論や設備投資の観点から、日本国内における製造業の生産能力増強がどういうタイミングで本格化するのか関心が高くなっているところかと思います。 そのため、「経済指標に見られる国内設備投資回復の兆し」という資料で、本年1月までの足下の…

年末年始を挟んで2か月連続上昇の製造工業生産能力指数(平成27年1月)

平成27年1月末の生産能力は、指数値95.3、前月比プラス0.3%上昇と、2か月連続の上昇となりました。 生産能力指数が2か月連続で前月比上昇することはあまりなく、年に1回あるかないかです。 2008年以降では、09年の9~11月の3か月、…

製造工業全体で前年水準を上回る可能性の出てきた平成27年1月の生産能力指数

1月の製造工業稼働率指数の前年同月比も▲0.7%低下で、横ばいを含めて、平成22年、2010年10月から、引き続き52ヶ月連続低下(プラスなし)、つまり4年間以上前年同月比低下を続けていることになります(ちなみに、第13循環の終わりに近い平…

機械工業の生産能力の伸びが目を引く平成27年1月の生産能力指数

平成27年1月の生産能力指数の業種別の動きについては、対象業種14業種のなかで5業種が能力上昇、5業種が能力低下、4業種は横ばいという結果になっています。 上昇業種のうち、「はん用・生産用・業務用機械工業」、電気機械工業、輸送機械工業の3業…

生産能力-稼働率の循環図(散布図)には、先行き期待が見えなくもない1月の状況

平成27年1月の結果では、生産能力指数も、稼働率指数も前月比で上昇しました。 この様相を、生産能力指数を縦軸に、稼働率指数を横軸にプロットした散布図(循環関係)で確認してみます。 これを見ますと、昨年の第2四半期、第3四半期の稼働率の低下か…

国内回帰論と資本財の動向

近頃は、日本の製造業の国内回帰についての報道を目にするようになりました。 そこで、3月初頭の段階で、2014年12月までの生産能力指数や稼働率指数、そして前月比で急進した2015年1月の鉱工業生産指数や出荷指数を整理することで、国内回帰の兆…

51か月連続の前年同月比低下の続く生産能力指数

平成26年12月末の生産能力は、指数値95.0で、前月比プラス0.1%上昇となりました。 生産能力指数は、昨年5月に前月比プラス0.1%上昇があって以来、6ヶ月間前月比低下又は横ばいが続いていましたが、久方ぶりに微増ではありますが、12月に…

12月の生産能力指数では、電子部品関連と一般機械類の業種が上昇

平成26年12月では、対象業種14業種のなかで、業況の良い電子部品・デバイス工業(電子部品関連)、「はん用・生産用・業務用機械工業」(一般機械類)の2業種が生産能力を上昇させているほか、情報通信機械工業の生産能力も前月比で上昇しています。 …

生産能力増強投資を活発化させるレベルには届かなかった昨年第4四半期の稼働率指数

生産能力と稼働率の散布図(循環関係)の2014年10ー12月期、第4四半期を見てみます。 生産能力指数と稼働率指数を平面にプロットした点の動きから、生産能力は昨年の第2四半期から若干の低下です。一方、第2四半期、第3四半期の稼働率の低下から…

平成26年の製造工業生産能力指数は、マイナス▲2.2%低下

平成26年の生産能力指数は、前年末比マイナス▲2.2%低下となり、6年連続の前年比マイナスとなっています。 その低下幅も、リーマンショックの影響が大きく出た2009年、平成21年以降で最も大きいものとなりました。 業種的には、10業種が前年末…

稼働率の上昇が生産能力の削減に追いついていない非機械工業

平成26年の生産能力の変動を機械工業とそれ以外の製造工業(非機械工業)に分けて見てみると、機械工業の生産能力は前年末比マイナス▲2.5%低下、機械工業を除く製造工業の生産能力は前年末比マイナス▲1.6%となります。 機械工業全体の生産は良かっ…

2014年12月 引き続き生産能力は削減、稼働状況は良くなっている

平成26年12月の稼働率指数は、生産活動が11月から回復したことを受けて、前月比で上昇となりました。 昨年の第4四半期(指数値100.7)は、駆け込み需要向け生産も多少始まっていたと思われる一昨年の第4四半期の稼働率指数(指数値100.2)よ…

鉱工業指数のしくみと見方 平成26年3月版

日本の鉱工業の生産、出荷などの動きを月次でとらえることのできる鉱工業指数が、実際の生産量の統計からどのような手順で指数に加工されていくのか、そして、その指数の動きをどう解釈すれば良いのかを解説しています。平成22年基準、2010年基準への改…

2014年11月末の製造業生産能力指数 国内回帰の動きまで見えず

2014年11月末の生産能力は、指数値94.9で、前月比横ばいとなりました。http://www.meti.go.jp/statistics/tyo/iip/result-1.html 2014年の6月、7月は前月比低下、8月、9月は前月比横ばい、そして10月も前月比低下ということですので、6…

前年同月比低下が47ヶ月の間続いている生産能力指数

2014年8月の生産能力指数は、指数値95.0で、前月比横ばいとなりました。 (現在の2010年基準指数、2008年以降の生産能力指数としては、最低の値を維持) また、前年同月比は、横ばいを含めて、平成22年、2010年10月から、引き続き47ヶ月連…

生産能力指数の推移の説明スライドです

バブル崩壊後、2回目の低下トレンドにある生産能力指数についての説明スライドです。適宜、ご活用ください。 我が国製造業の生産能力の推移について from 経済解析室 経済産業省

6月の生産能力指数は、現行基準の最小値に

平成26年6月分の稼働率・生産能力指数をご紹介します。 http://www.meti.go.jp/statistics/tyo/iip/result/pdf/press/b2010_201406kj.pdf 6月の稼働率は、指数98.9で、前月比▲3.3%低下と、3か月連続の低下となりました。鉱工業生産が6月は大き…