経済解析室

第3次産業活動指数、鉱工業指数などを使って、経済産業の「今」について考えていきたいと思います。

全産業活動指数

4月の全産業活動指数は、前月比2.1%と2か月ぶりの上昇。3月の大幅低下を大きく上回る伸びとなり、指数水準も平成20年前半に迫る高水準。単月では強い動きだが、引き続き緩やかな上昇基調にある。

2か月ぶりの上昇、4月の指数水準は105台の高水準 平成29年4月の全産業活動指数は、指数値105.4、前月比2.1%と2か月ぶりの上昇、3月の大幅低下を補う以上の伸びとなりました。平成22年基準指数(平成20年1月~)では平成23年6月に次…

3月の全産業活動指数は、前月比マイナス0.6%と2か月ぶりの低下と、単月でみれば弱い動き。平成29年第1四半期では前期比は横ばい、指数水準は高水準をキープしており、緩やかな上昇基調を維持。

2か月ぶりの低下、3月の指数水準は再び103台へ逆戻り 平成29年3月の全産業活動指数は、指数値103.4、前月比マイナス0.6%と2か月ぶりの低下となりました。指数値は、昨年平均を上回っており、高水準を維持しています。 平成29年第1四半期…

2月の全産業活動指数は、前月比0.7%と3か月ぶりの上昇と、1月の低下幅を上回る伸びを示すなど、緩やかな上昇基調にある。2月の上昇の立役者は大幅な伸びとなった鉱工業生産。

1月の低下幅を上回る上昇率、指数水準は104台に到達 平成29年2月の全産業活動指数は、指数値104.0、前月比0.7%と3か月ぶりの上昇となりました。4か月ぶりに前月比が低下となった1月の低下幅マイナス0.4%を上回る上昇率となり、指数値も消…

1月の全産業活動指数は、前月比0.1%と2か月ぶりの上昇で、基調的には緩やかに上昇。1月は建設業活動の伸びが目立つ。

昨年12月の低下から、やや持ち直し 平成29年1月の全産業活動指数は、指数値103.6、前月比0.1%と2か月ぶりの上昇となりました。7か月ぶりに前月比が低下となった12月からやや持ち直しの動きとなりました。 建設業活動がけん引役で、鉱工業…

平成28年10-12月期の産業活動(その1);鉱工業生産指数は前期比2.0%と3四半期連続で上昇。在庫指数も前期比マイナス3.1%と3四半期連続で低下しており、在庫循環は前期からさらに進捗。

平成28年10-12月期の鉱工業生産指数及び鉱工業在庫指数について、業種別、品目別、在庫循環図の動向を確認してみます。 平成28年10-12月期の鉱工業生産は堅調な推移 平成28年10-12月期の鉱工業生産指数は前期比2.0%と3四半期連続…

平成28年10-12月期の産業活動;鉱工業生産指数は輸送機械工業が全体をけん引して前期比2.0%上昇、第3次産業活動指数は前期比マイナス0.1%と横ばい圏の動き

経済解析室で毎月作成している鉱工業指数や第3次産業活動指数などの経済指標は、平成28年10-12月期にどのような動きを見せていたのでしょうか。 各指標の平成28年10-12月期の動きをグラフや表で表現したミニ経済分析「鉱工業指数と第3次産業…

7か月ぶりの低下となった昨年12月の全産業活動指数。10~12月期は3四半期連続上昇、28年通年では前年比0.5%上昇。全産業活動は、基調的には緩やかに上昇。

全産業活動全体の動向 平成28年12月の全産業活動指数は、指数値103.4、前月比マイナス0.3%の低下となりました。前月比が低下となるのは、平成28年5月のマイナス1.3%以来で、実に7か月ぶりです。 産業別の動向 12月の結果を産業別にみ…

11月の全産業活動指数は、前月比0.3%の上昇。鉱工業生産の持ち直しなどにより全産業活動は緩やかな上昇基調が続く。

全産業活動全体の動向 平成28年11月の全産業活動指数は、指数値103.6、前月比0.3%と3か月ぶりの上昇となりました。3か月ぶりと言っても前々月、前月は前月比横ばい、その前3か月間は上昇で、3か月移動平均で均してみると4か月連続の前月比…

10月の全産業活動指数は、前月比0.2%の上昇と、ここ5か月間、小幅上昇または横ばいで推移。内訳の産業別には月ごとにけん引役が入れ替わるも、全産業活動指数全体ではこのところ緩やかな上昇基調。

平成28年10月の全産業活動指数は、指数値103.5、前月比0.2%と2か月ぶりの上昇となりました。全産業活動指数は、6月以降、5か月間横ばいまたは小幅上昇となっており、安定的に上昇しています。 10月の結果を産業別にみると、建設業活動が低…

鉱工業指数と第3次産業活動指数からみた平成28年7-9月期の産業活動

経済解析室が公表している「全産業活動指数」、「鉱工業指数」、「鉱工業出荷内訳表」、「第3次産業活動指数」を用いて、平成28年7-9月期の企業活動をグラフ化した、ミニ経済分析『平成28年7-9月期の産業活動』を公表しました。 鉱工業指数と第3…

平成28年9月の全産業活動指数は4か月連続の上昇、四半期でも7~9月期は2四半期連続の上昇と堅調に推移

平成28年9月の全産業活動指数は、指数値103.5、前月比0.2%と4か月連続の上昇となりました。全産業活動指数は、今年前半こそ月ごとに上下動しましたが、6月に大きめの上昇となった後、ここ3か月間連続で前月比0.2%と小幅ながら安定的な上…

7月の全産業活動指数はサービス産業と建設業活動の上昇により2か月連続の上昇。指数水準も消費税率引上げ後の最高値に並ぶ。

平成28年7月の全産業活動指数は、指数値103.2、前月比0.3%の上昇となりました。5月にマイナス1.3%と大き く低下した後、6月1.0%、7月0.3%と2か月連続の上昇となり、指数水準も、低下前の4月の103.2に並びました。この指数…

6月の全産業活動指数は2か月ぶりの上昇。平成28年第2四半期では5四半期ぶりの上昇で、足踏み状態から少し回復

平成28年6月の全産業活動指数は、指数値102.9、前月比1.0%と2か月ぶりの上昇となりました。依然上昇・低下を 繰り返す状態が続いていますが、指数水準は、消費税率引上げ後最も高い今年4月の103.2やそれに次ぐ昨年10月の103.0に近…

鉱工業とサービス産業の反動的な低下により5月の全産業活動指数は3か月ぶりの低下

平成28年5月の全産業活動指数は、指数値102.1、前月比マイナス1.0%と3か月ぶりの低下となりました。このところ前月比の変化幅がやや大きくなっていますが、指数値102~103の間で上昇・低下を繰り返す状態が続いています。 なお、全産業活…

4月の全産業活動指数は内訳3業種の上昇により大きく上昇。停滞感のあった前月までの状況とは異なる印象を受ける結果

平成28年4月の全産業活動指数は、指数値103.4、前月比1.3%と2か月連続の上昇となりました。前月比上昇幅1.3%は、消費税率引上げ前で需要がかさ上げされていた時期の平成 26年3月(1.6%)以来の大きさです。 全産業活動はここ半年ほ…

3月の全産業活動指数は小幅上昇。閏年分を調整した、平成28年第1四半期は2期連続の前期比低下で、「このところ弱い動き 」

平成28年3月の全産業活動指数は、指数値102.0、前月比0.1%と小幅な上昇となりました。前月比上昇は2か月ぶりで、昨年9月以降、上昇と低下がほぼ毎月入れ替わる一進一退の動きが続いています。 前年同月比はマイナス0.1%低下となりました。…

2月の全産業活動指数は鉱工業活動の大きな低下により2か月ぶり低下

平成28年2月の全産業活動指数は、指数値101.6、前月比▲1.2%と2か月ぶりの低下となりました。低下幅▲1.2%は、平成26年4月の▲3.9%以来の大きさで、やや大きな低下となっています。3か月移動平均でみた前月比も▲0.1~▲0.2%程の…

平成28年1月の月次GDPの状況について

昨年、第3次産業活動指数や鉱工業指数を用いて、GDPを再現する(回帰推計)試みを御紹介しました。今回は、その枠組みを用いて、データの出揃っている2016年1月の月次GDPを推計してみました。 keizaikaisekiroom.hatenablog.com keizaikaisekiroom.hat…

1月の全産業活動指数は3か月ぶりに上昇も、高い評価は出来ない結果

平成28年1月の全産業活動指数は、指数値103.4、前月比2.0%と3か月ぶりの上昇となりました。 今月の前月比上昇幅は比較的大きかったと言えますが、前月までの2か月間の低下幅が▲2.0%ポイントと大きくなっており、その反動という側面もあり…

12月の全産業活動指数は前月に引き続き建設業、製造業、サービス産業がそろって低下

経済解析室では、鉱工業生産指数、第3次産業活動指数、そして建設業活動指数を加重平均し、日本の産業活動全般の活況度合いを毎月推し量る指標として、「全産業活動指数」を作成・公表しています。 平成27年12月の全産業活動指数は、指数値101.4、…

2月の全産業活動指数は、リーマンショック底打ち後6番目の水準で、駆け込み需要期の一昨年12月に近いレベルに「回復」

経済解析室では、鉱工業生産指数、第3次産業活動指数、そして建設業活動指数などを加重平均し、日本の産業活動全般の活況度合いを毎月推し量る指標として、「全産業活動指数」を作成公表しております。 http://www.meti.go.jp/statistics/tyo/zenkatu/resul…

11月の全産業活動指数を振り返って見ると、フローは回復しつつあるが、ストックの増加には結びついていない状況

平成26年11月の全産業活動指数は、3か月ぶりに前月比で上昇となりました。 非耐久消費財の生産や、個人向けのサービスビジネス、特に、娯楽サービスや飲食サービスが11月の全産業活動の上昇を生み出しています。他方で、耐久消費財生産や住宅建築は引…

3か月ぶりに前月比で上昇した、全産業活動指数

本日、2014年11月分の全産業活動指数を公表いたしました。 全産業活動指数とは、鉱工業生産、建設業活動、第3次産業活動(非製造業、サービスビジネス)の各指数を合算して、日本の産業活動の活発度合いを指標化したものです。 平成26年11月の全…

2014年10月の全産業活動指数は、鉱工業、建設は前月比プラスでが、サービスの低下により、2ヶ月ぶりの前月比低下

先週の金曜日19日に、2014年11月分の全産業活動指数を公表しております。全産業活動指数とは、鉱工業生産指数、第3次産業活動指数、そして建設業活動指数等を加重平均して、日本産業活動の月々の変動を供給側から大まかに総覧する指標として作成さ…

2014年10月は、3次指数の低下によって、全産業活動指数は前月比低下

先週の金曜日19日に、2014年11月分の全産業活動指数を公表しております。 全産業活動指数とは、鉱工業生産指数、第3次産業活動指数、そして建設業活動指数等を加重平均して、日本産業活動の月々の変動を供給側から大まかに総覧する指標として作成さ…

2014年10月の全産業活動指数の概略

先週19日に公表しました全産業活動指数及び建設業活動指数の平成26年10月の状況を概括的に整理すると、次のようになるかと思います。http://www.meti.go.jp/statistics/tyo/zenkatu/result-2.html 平成26年10月の全産業活動指数は、鉱工業生産指数…

7-9月期の全産業活動を踏まえての10月の鉱工業生産の総括評価

今年の第3四半期、7-9月期を踏まえて、10月の鉱工業指数を評価してみます。 7-9月期の全産業活動指数は、前期比▲0.1%の微減となっていました。 通常、全産業活動指数の変動においては、全体の動きを左右するのは第3次産業活動指数なのですが、今年…

2014年7ー9月期の産業活動分析を公表します

11月27日13:30に、全産業活動指数や第3次産業活動指数、鉱工業指数、建設業活動指数といった各種の月次指標の、今年第3四半期の動きについて、とりまとめたレポート「産業活動分析 平成26年7-9月期」を公表いたします。 http://www.meti.go.j…

2014年9月の全産業活動指数および建設業活動指数のまとめ

平成26年9月の全産業活動指数は、鉱工業生産指数が6月、7月、8月の低迷状態から打って変わって、全産業活動指数としては大きな前月比1.0%の伸びを見せました。 9月の建設業活動指数では、民間建設活動の落ち込みを公共建設活動では補い切れず、微…

底割れを避けられた? 9月の全産業活動指数

少し長いスパンで、全産業活動指数の推移を見てみます。 全産業活動指数は、今年3月に指数値100.3という高い水準になりました。 この水準は、2008年10月の指数値100.2以来の、5年6ヶ月ぶりの高い水準でした。 しかし、4月には大きく落ち…