経済解析室

第3次産業活動指数、鉱工業指数などを使って、経済産業の「今」について考えていきたいと思います。

5月の輸出向け出荷は、3か月ぶりに前月比上昇だが、基調的には下がり気味。仕向け先地域別にみても、押し並べて前月比上昇だが、中国向け出荷の上昇寄与は小さい。

5月の輸出向け出荷は、3か月ぶりに前月比上昇 平成29年5月の輸出向け出荷は、前月比1.0%と、小幅な伸びではありますが、3か月ぶりに前月比上昇となりました。国内向け出荷は前月比マイナス3.9%低下となっており、この国内向け出荷の低下寄与によ…

国内向け出荷は、平成29年5月に前月比マイナス3.9%と2か月ぶりの低下。指数値は3月の水準に戻っている。設備投資向け財の内需(国内向け出荷)は堅調だが、乗用車を中心とする耐久消費財の内需は、4月から反動減

5月の国内向け出荷は、4月の反動から大きく低下 平成29年5月の国内向け出荷は、前月比マイナス3.9%と2か月ぶりの低下となりました。鉱工業出荷全体の前月比マイナス2.8%低下に対し、この国内向け出荷が大きな低下要因となりました(輸出向け出荷…

5月の鉱工業出荷の前月比マイナス2.8%低下は、4月の反動と思われる内需(国内向け出荷)の大幅低下によるもの。外需(輸出向け出荷)は3か月ぶりの上昇。内需は輸送機械工業が悪く、外需ははん用・生産用・業務用機械工業が良かった。

鉱工業出荷は、4月からの反動で前月比低下、国内向け出荷の低下の影響 平成29年5月の鉱工業出荷は前月比マイナス2.8%と2か月ぶりの低下となりました。内需(国内向け出荷)が前月比マイナス3.9%と2か月ぶりの低下でした。一方、外需(輸出向け…

鉱工業指数の詳細データを、ファイルのダウンロードなしにご覧いただけるページ(2017年5月)

鉱工業指数の詳細データは、冊子のPDFや表計算ソフト用ファイルとして提供をしております。このためには、ファイルのダウンロードが必要ですが、webページで、PDFファイルと同じ詳細データをご覧いただけるようにしました。 下のデモにあるように、ドロップ…

レコード国内生産再開とは言うけれど、音楽の一時代を支えたCDやレコードの今;経済指標から見える音楽の楽しみ方の変化

デジタル化、ネット化の恩恵で、今や音楽は、様々な媒体を通じて楽しむことができます。しかし、同時に、衰退するメディア、媒体もあります。その一方で、アナログレコードの人気再燃から、国内生産再開というニュースもあります。そこで今回は、音楽の楽し…

今年5月の製造工業生産は、輸送機械工業の減産計画が維持され、大きく低下。6月は、輸送機械工業など機械工業の上昇によって、増産計画だが、4月の水準にまでは戻れないものの、第2四半期としてはプラスか?

6月の生産計画は前月比上昇の見込み、7月は6月計画比微減 6月上旬に実施した平成29年6月、7月の生産計画を調査した、生産予測調査の結果です。 平成29年6月の生産計画については、前月比2.8%上昇を見込んでいます。7月の生産計画は、6月計画…

5月は、生産財、最終需要財ともに出荷に対して低下に寄与。耐久消費財は大きく前月比低下し、輸送機械を除く資本財の出荷は前月比プラスを維持している。

生産財出荷は前月比低下、少し水準も落ちている 鉱工業出荷指数の需要先用途別分類である財別指数をみることで、財需要の動向をみることができます。 平成29年5月の財別出荷指数の動きを見ると、まず全体のほぼ半分を占める生産財(事業活動の中間投入と…

今年5月は、14業種が生産低下業種で、やはり反転低下業種が多い。乗用車関係は計画通りに生産抑制。集積回路とそれらの製造装置の生産は、4月に続いて堅調。

15業種のうち、14業種が低下。主要業種は、4月から反転低下 平成29年5月の鉱工業生産は、前月比マイナス3.3%と大幅低下だった訳ですが、15業種のうち14業種が前月比低下となりました。この低下14業種のうち、8業種が4月の上昇からの反転…

平成29年5月、生産、出荷は反動減もあり前月比低下。生産の抑制が効いて、在庫は微増でも、在庫率は3か月ぶりに低下し、在庫の重石は低減。

5月生産は前月比低下、それでも3月の指数値よりも高い生産水準 平成29年5月の「生産」は、季節調整済指数100.4、前月比マイナス3.3%低下となりました。前年同月比は6.8%上昇で、7か月連続で前年同月比上昇が続いています。 さすがに、4月の…

平成29年5月の鉱工業生産は前月比マイナス3.3%低下、出荷も前月比マイナス2.8%低下だが、在庫率は改善。ただ、6月の生産計画は上昇見込みで、均せば生産水準の大きな低下は回避。基調判断は、「持ち直しの動き」で据え置き

5月の生産、出荷は2か月ぶりに前月比上昇 平成29年5月の「生産」は、季節調整済指数100.4、前月比マイナス3.3%低下となりました。前年同月比は6.8%上昇で、7か月連続で前年同月比上昇が続いています。 4月、5月の生産指数の平均の指数値は…

米国における日系非製造業現地法人の実像説明その3;米国に進出している日系非製造業現地法人は、他地域の法人に比べて盛んに設備投資をしている。2015年度でみると、全地域の非製造業現地法人数の2割を切っているが、設備投資では、6割が米国の法人

売上高では4割を占める米国非製造業現地法人 米国の非製造業現地法人のデータを確認してみると、法人数は1,916社あり、1社あたりの事業規模が大きいということが分かりました。では、全地域の日系非製造業現地法人における米国の現地法人の存在感(構成比…

米国における日系非製造業現地法人の実像説明その2;米国非製造業現地法人の約半数882社が卸売業。売上高では7割、従業者数では5割が卸売業。この卸売業現地法人の3分の1は、総合商社の子会社と孫会社。

米国非製造業現地法人の半数を占める卸売業 米国の非製造業現地法人のデータを確認してみると、法人数は1,916社あり、1社当たりの事業規模が大きいということが分かりました。では、業種別に見ると、どのような特徴が見いだせるでしょうか。 非製造業現地法…

米国における日系非製造業現地法人の実像説明その1;在米の日系非製造業現地法人数は、2015年度末で1,916社。1社あたりの売上高は400億円を超え、全地域現地法人平均の3倍を超える規模と、事業規模がかなり大きい。

日系現地法人は全地域で25,233社あり、このうちの56%となる14,153社が非製造業法人となっています。そして米国の日系現地法人は3,020社、そのうち63%となる1,916社が非製造業法人です。 改めて、海外事業活動基本調査の2015年度実績集計を使って、米国…

平成29年第1四半期産業動向;対事業所サービスが11期ぶりに前期比マイナス。これにより第3次産業活動指数も低下

経済解析室で毎月作成している鉱工業指数や第3次産業活動指数などの経済指標は、平成29年第1四半期にどのような動きを見せていたのでしょうか。 各指標の平成29年1-3月期の動きをグラフや表で表現したミニ経済分析「鉱工業指数と第3次産業活動指数…

平成29年第1四半期産業動向;サービス産業全体は、マイナス0.2%と5期ぶりに微減。事業者向け関連サービス等が回復も、前期に引き続き卸売業の低下が影響

経済解析室で毎月作成している鉱工業指数や第3次産業活動指数などの経済指標は、平成29年第1四半期にどのような動きを見せていたのでしょうか。 各指標の平成29年1-3月期の動きをグラフや表で表現したミニ経済分析「鉱工業指数と第3次産業活動指数…

平成29年第1四半期産業動向;電子部品・デバイス工業のみ堅調だが、平成29年第1四半期の国内向け出荷は減速ぎみ、中国向けの回復により輸出向け出荷は3期連続の前期比上昇

経済解析室で毎月作成している鉱工業指数や第3次産業活動指数などの経済指標は、平成29年第1四半期にどのような動きを見せていたのでしょうか。 各指標の平成29年1-3月期の動きをグラフや表で表現したミニ経済分析「鉱工業指数と第3次産業活動指数…

平成29年第1四半期産業動向;鉱工業生産は電子部品・デバイス工業がけん引して4期連続の上昇、鉱工業在庫は上昇したが、在庫循環は順調に進捗

経済解析室で毎月作成している鉱工業指数や第3次産業活動指数などの経済指標は、平成29年第1四半期にどのような動きを見せていたのでしょうか。 各指標の平成29年1-3月期の動きをグラフや表で表現したミニ経済分析「鉱工業指数と第3次産業活動指数…

平成29年第1四半期産業動向;鉱工業生産指数は電子部品・デバイス工業が全体をけん引して4期連続の上昇、第3次産業活動指数は卸売業が低調で5期ぶりの低下

経済解析室で毎月作成している鉱工業指数や第3次産業活動指数などの経済指標は、平成29年1-3月期にどのような動きを見せていたのでしょうか。 各指標の平成29年1-3月期の動きをグラフや表で表現したミニ経済分析「鉱工業指数と第3次産業活動指数…

今年4月のサービス産業全体を大きく動かした情報通信業(情報サービ業)の指数推移をご紹介します。

今月の「ミニミニトピックス」は、2017年6月9日に発表した4月分の第3次産業活動指数より、大分類業種(情報通信業)の結果概要を紹介します。 ◎ミニミニトピックス www.meti.go.jp 平成29年4月の情報通信業 平成29年4月の情報通信業は、110.7、前月比3.6%…

建設業活動指数の平成29年度は、とても順調な出足をみせた。民・官ともに土木工事が大きな伸び、前月比寄与をみせている。

今年4月の全産業活動指数は、大きな経済イベントのない平時としては異例の大きな前月比上昇幅をみせ、指数水準もリーマンショック前の水準に近づいています。 この全産業活動指数の4月の動きに、相当程度の貢献、寄与をみせている建設業活動指数の4月の動…

4月の全産業活動指数は、前月比2.1%と2か月ぶりの上昇。3月の大幅低下を大きく上回る伸びとなり、指数水準も平成20年前半に迫る高水準。単月では強い動きだが、引き続き緩やかな上昇基調にある。

2か月ぶりの上昇、4月の指数水準は105台の高水準 平成29年4月の全産業活動指数は、指数値105.4、前月比2.1%と2か月ぶりの上昇、3月の大幅低下を補う以上の伸びとなりました。平成22年基準指数(平成20年1月~)では平成23年6月に次…

外食の業況の背景には、高価格帯シフトがある。その影響は、内食/外食のスタッフ賃金の差にも見いだせる。

「内食」と「外食」について、価格変動と活動指数の動きを比較すると、「内食」では、価格上昇と活動低下が見られ、「外食」では、価格上昇と活動量上昇の併存が見られるという大きな違いがあることが分かりました。 価格が上がって活動量=需要が減るという…

ちょっと手を出しにくくなったなと思うのは、スーパーの食品ですか?ファミレスのセットメニューですか?;内食と外食、価格の変化と意外な結果

6月に入り、郵便はがきの値段が上がったのはご存知でしょうか。他にもバターやビールなど食に関するものも値上がりしました。家計を預かる身としては、毎日の生活に欠かせない食の値上がりから、やはり支出を手控えたくなるところです。 今回は、私たちに一…

企業属性の違いは、越境調達行動にどのように影響するか?;「フラグメンテーション」のセミマクロでの可視化

フラグメンテーションと企業の越境調達行動 昨今、インターネットの発達と世界的な普及に伴う情報通信費用の低下により、企業の生産工程が空間的に離れた地点に、国境を越えて立地すること(フラグメンテーション)が可能になり、部品、中間財が何度も越境し…

ソフトウェア業を中心に情報通信業と、プロスポーツ観戦を中心に生活娯楽関連サービスが大幅上昇。他方、財の取引に付帯するサービスが堅調な推移。

平成29年4月の第3次産業活動指数は、5か月ぶりの前月比上昇となりましたが、11大分類業種のうち、8業種が前月比上昇、3業種が前月比低下でした。比較的上昇幅も大きかったこともあり、上昇業種が多くなっていますし、低下業種の低下寄与も小さめと…

今年4月の対個人サービスは、前月比上昇で、上昇幅も大きめ。プロスポーツ観戦、買物、観光などに人が動いて、サービス全体を押し上げている。

対個人サービスは3月の大きめの低下から、4月は反転上昇 第3次産業活動指数は、大きく「広義対事業所サービス」と「広義対個人サービス」に分けることができます。 4月の対個人サービス活動指数は、指数値105.7、前月比1.8%と2か月ぶりの上昇と…

平成29年4月の対事業所サービスは2か月連続の前月比上昇。非製造業向けサービスや投資向けサービスの水準が、近年の最高レベルになり、対事業所サービスの押し上げ役になっている。

対事業所サービスは2か月連続で前月比上昇 第3次産業活動指数は、大きく「広義対事業所サービス」と「広義対個人サービス」に分けることができます。 4月の対事業所サービス活動指数は、指数値104.2、前月比0.7%と2か月連続上昇となりました。昨…

4月のサービス産業の動向は、前月比1.2%と5か月ぶりの前月比上昇で、上昇幅も大きめ。3月の低下はあったが、均して指数値104前後の推移に復帰している。対個人サービスが大きく上昇寄与。

サービス全体は5か月ぶりの前月比上昇 平成29年4月の第3次産業活動指数総合は、季節調整済指数104.8、前月比1.2%上昇と、5か月ぶりの前月比上昇となりました。 3月は情報サービス業やプロスポーツの特殊な動きによって、前月比低下となりまし…

平成29年4月の第3次産業活動指数は、3月からの反動増も含めて、大きめの上昇。全般的に良い数字となっているが、活動レベルを均すと狭いレンジでの動きが続いている。

平成29年4月の第3次産業活動指数総合は、季節調整済指数104.8、前月比1.2%上昇と、5か月ぶりの前月比上昇となりました。3月は前月比低下となりましたが、そこからの反動増も含めて、4月のサービス産業活動指数は、比較的大きめの上昇幅を見せ…

4月の輸出向け出荷は、2か月連続で生産財の低下によって前月比低下。仕向け先地域別にみても、押し並べて前月比低下だが、中国向け出荷の低下寄与は小さい。

4月の輸出向け出荷は、2か月連続の前月比低下 平成29年4月の輸出向け出荷は、指数値100.5、前月比マイナス4.6%と2か月連続の低下となりました。輸出向け出荷指数のグラフは、昨年11月以降大きく上下動を見せています。今年の1月には大きな低…

国内向け出荷は、平成29年4月に前月比4.6%と2か月ぶりの上昇。安定した上昇基調が続いている。資本財、耐久消費財が国内向け出荷のけん引役

4月の国内向け出荷は、2か月ぶりに大きめの前月比上昇 平成29年4月の国内向け出荷は、前月比4.6%と2か月ぶりの上昇となりました。鉱工業出荷全体の前月比2.7%上昇に対しては、国内向け出荷が上昇要因となりました(輸出向け出荷は前月比マイナス…

4月の鉱工業出荷の前月比2.7%上昇は、内需(国内向け出荷)の大幅上昇によるもの。外需(輸出向け出荷)は2か月連続の低下。内需は輸送機械と一般機械類が良く、外需は輸送機械が悪かった。

鉱工業出荷は2か月ぶりの上昇、国内向け出荷の寄与による上昇 平成29年4月の鉱工業出荷は前月比2.7%と2か月ぶりの上昇となりました。内需(国内向け出荷)が前月比4.6%で2か月ぶりの上昇でした。一方、外需(輸出向け出荷)は前月比マイナス4.…

今年5月の製造工業生産計画は、輸送機械工業の減産計画が維持され、大きく低下見込み。6月は、輸送、はん用・生産用・業務用の両機械工業の上昇によって、増産計画だが、4月の水準にまでは戻れないものの、第2四半期としてはプラスか?

5月の生産計画は前月比低下の見込み、6月は前月比上昇 5月上旬に実施した平成29年5月、6月の生産計画を調査した、生産予測調査の結果です。 平成29年5月の生産計画については、前月比マイナス2.5%低下を見込んでいます。6月の生産計画は、5月…

4月は、生産財よりも最終需要財の出荷寄与が大きく、耐久消費財と資本財の出荷が鉱工業出荷のけん引役で、耐久消費財の出荷指数は平成26年4月以来の高いレベル

生産財出荷は前月比上昇で、堅調な推移 鉱工業出荷指数の需要先用途別分類である財別指数をみることで、財需要の動向をみることができます。 平成29年4月の財別出荷指数の動きを見ると、まず全体のほぼ半分を占める生産財(事業活動の中間投入として利用…

2017年4月の鉱工業生産では、反転上昇業種が多い。乗用車関係、そして電子デバイス品目とその製造装置の生産が伸びて、鉱工業生産全体を押し上げた

15業種のうち、11業種が上昇で、そのうち7業種が反転上昇業種 平成29年4月の鉱工業生産は、前月比4.0%と大幅上昇だった訳ですが、15業種のうち11業種が前月比上昇となりました。3月は大幅低下でしたので、低下業種が多く、4月の上昇業種の…

平成29年4月、生産、出荷、在庫ともに前月比上昇。生産指数の上昇幅は大きく、その生産レベルはリーマンショック後、平成21年以降の最高値

4月生産は前月比大幅上昇、指数値は平成20年10月以来のレベル 平成29年4月の「生産」は、季節調整済指数103.8、前月比4.0%上昇となりました。前年同月比は5.7%上昇で、6か月連続で前年同月比上昇が続いています。 4月の指数値は103.…

平成29年4月の鉱工業生産は前月比4.0%上昇で、駆け込み需要期の生産を上回る水準。ただ、5月の生産計画は低下見込みで、在庫水準も上昇している状態。基調判断は、「持ち直しの動き」で据置き

4月の生産、出荷は2か月ぶりに前月比上昇 平成29年4月の「生産」は、季節調整済指数103.8、前月比4.0%上昇となりました。前年同月比は5.7%上昇で、6か月連続で前年同月比上昇が続いています。 4月の指数値は103.8ですが、近年最も生産…

FBIの2017年第1四半期の動き説明その3;飲食サービス業指数は、2016年後半から3期連続の上昇。前期比1.6%と急上昇し、過去最高値に。

第3次産業活動指数や鉱工業生産指数等のデータから、飲食料品関連のデータを集めて、飲食関連産業の動向を指標化した「フード・ビジネス・インデックス(FBI)」のうち、飲食サービス指数の2017年第1四半期の結果を紹介します。 3期連続の上昇を見せ、…

FBIの2017年第1四半期の動き説明その2;食料品流通業は前期比1.7%と大幅上昇。内訳系列が全て上昇となる中、上昇寄与は卸売業が突出。

第3次産業活動指数や鉱工業生産指数等のデータから、飲食料品関連のデータを集めて、飲食関連産業の動向を指標化した「フード・ビジネス・インデックス(FBI)」のうち、食料品流通業指数の2017年第1四半期の結果を紹介します。 前期から大きく反発し、…

フードビジネスインデックス(FBI)2017年第1四半期の動き説明その1;食料品工業は前期比2.0%と大幅な上昇。2期連続の上昇で、立役者は前期に引き続き清涼飲料。

第3次産業活動指数や鉱工業生産指数等のデータから、飲食料品関連のデータを集めて、飲食関連産業の動向を指標化した「フード・ビジネス・インデックス(FBI)」のうち、食料品工業指数の2017年第1四半期の結果を紹介します。 大幅上昇。消費税率引上げ…

2年ぶりに、生産、流通、サービスの3業態揃って前期比上昇となり、全体として大きな前期比上昇を見せたフード・ビジネス

フード・ビジネス・インデックス(FBI)とは、生活に身近な飲食料品に関連する「食料品工業」、「食料品流通業」、「飲食サービス業」の活動状況を表す経済指標です。 2017年第1四半期のFBIの結果がまとまりましたので、そのポイントをご紹介していきます。…

今年第1四半期と平成28年度のサービス産業活動指数について紹介します。

今月の「ミニミニトピックス」は、2017年5月16日に発表した3月分の第3次産業活動指数より、平成28年1-3月期及び平成28年度の結果概要を紹介します。 ◎ミニミニトピックのページ www.meti.go.jp - ① 平成29年1-3月期の結果概要 - - 平成29年1-3月期の第3次…

3月の全産業活動指数は、前月比マイナス0.6%と2か月ぶりの低下と、単月でみれば弱い動き。平成29年第1四半期では前期比は横ばい、指数水準は高水準をキープしており、緩やかな上昇基調を維持。

2か月ぶりの低下、3月の指数水準は再び103台へ逆戻り 平成29年3月の全産業活動指数は、指数値103.4、前月比マイナス0.6%と2か月ぶりの低下となりました。指数値は、昨年平均を上回っており、高水準を維持しています。 平成29年第1四半期…

「生活の潤い」だけではなく、実は「町の潤い」も演出する産業である「花き・花木類」産業

最近では、海外からの関心の高まりも含めて、盆栽が一種のブームになっているそうです。そこで、こういった「緑の文化」を、生活に潤いをもたらす産業の一つとしてとらえ、産業統計的にみてみるとどうなるか、いくつかのデータを確認してみました。 やはり、…

薄型テレビの国内生産は、2010年の25分の1に。テレビ放送とテレビ受像器(中見と器)の動きは、対照的。

戦後、一般家庭の三種の神器といわれるほど、テレビは、我が国の家庭における生活必需品として家電の中心に位置づけられてきました。しかし、その国内生産は、近年、激変しています。 2016年の「薄型テレビ」の国内生産は、どれ位だと思いますか? ここ数年…

ソフトウェア業を中心に情報通信業と、プロスポーツ観戦を中心に生活娯楽関連サービスが大幅低下。他方、財の取引に付帯するサービスが堅調な推移。

平成29年3月の第3次産業活動指数は、2か月ぶりの前月比低下となりましたが、11大分類業種のうち、4業種が前月比低下、6業種が前月比上昇、不動産業は前月比横ばいでした。全体として前月比低下となった割には、低下業種の数が少ないという印象です…

今年3月の対個人サービスは7か月ぶりの前月比低下、し好的個人向けサービスが大きく低下し、全体を押し下げた。

対事業所サービスは上昇、対個人サービスは低下 第3次産業活動指数は、大きく「広義対個人サービス」と「広義対事業所サービス」に分けることができます。3月は、対個人サービス活動指数は、指数値104.5、前月比マイナス0.6%低下と7か月ぶりの前月…

今年3月の対事業所サービスは4か月ぶりの前月比上昇、製造業向けサービスが大きく上昇し、全体を押し上げた。

対事業所サービスは上昇、対個人サービスは低下 第3次産業活動指数は、大きく「広義対個人サービス」と「広義対事業所サービス」に分けることができます。3月は、対個人サービス活動指数は、指数値104.5、前月比マイナス0.6%低下と7か月ぶりの前月…

3月のサービス産業の動向は、2か月ぶりの前月比低下、第1四半期も5四半期ぶりに低下だが、ともに低下幅自体は小さい。特殊要因による低下分を割り引けば、総合指数の推移に変化なし。

サービス全体は2か月ぶりの前月比低下、指数値も若干低めの値に 平成29年3月の第3次産業活動指数総合は、季節調整済指数103.8、前月比マイナス0.2%低下と、2か月ぶりの前月比低下となりました。 昨年6月の指数値が103.9となってから、10…

平成29年3月の第3次産業活動指数は、前月比マイナス0.2%低下、第1四半期も5期ぶりに前期比低下。3月の低下は特殊要因によるもので、基調判断は「横ばい」で据え置き

平成29年3月の第3次産業活動指数総合は、季節調整済指数103.8、前月比マイナス0.2%低下と、2か月ぶりの前月比低下となりました。今年第1四半期の指数値は103.9で、前期比マイナス0.2%と5期ぶりの低下となりました。 特殊要因よる低下が…