経済解析室

第3次産業活動指数、鉱工業指数などを使って、経済産業の「今」について考えていきたいと思います。

2017年10-12月期のグローバル出荷指数の解説記事をまとめておきます。

2017年10ー12月期のグローバル出荷指数の動きについての解説記事をまとめておきます。

 

2017年第Ⅳ期のグローバル出荷指数は、7期連続の前期比0.7%上昇でリーマンショック後の最高値を更新。国内出荷、はん用・生産用・業務用機械工業が主役|経済解析室ニュース|経済産業省

 

2017年Ⅳ期(10~12月期)のグローバル出荷は、前期比0.7%上昇と7期連続上昇。海外現地法人の活動は前期比マイナスで、国内生産が旺盛。業種的には、はん用・生産用・業務用機械工業が主役。|経済解析室ニュース|経済産業省

 

2四半期ぶりの前期比低下となった2017年Ⅳ期の海外出荷指数。幅広い業種で現地法人の出荷が低下し、はん用・生産用・業務用機械工業の大きな伸びでもカバーしきれなかった|経済解析室ニュース|経済産業省

 

平成29年Ⅳ期のグローバル化比率をみると、海外市場比率は上昇、出荷海外比率は低下。海外ビジネスは上昇も、国内ビジネスの上昇がグローバル出荷上昇の要因だった。|経済解析室ニュース|経済産業省

 

 

 

全体スライド

 

 

f:id:keizaikaisekiroom:20180510132435p:plain

 

消費税率引き上げ後の産業の動きについての資料を3点ご紹介

時折、消費税率引き上げの効果についてご質問を頂戴します。予測は難しいですが、平成26年に何が起きたのかは、このような資料にまとめていますので、3点ほどご紹介します。

 

「対個人サービスが足を引っ張った増税後の全産業活動」

http://www.meti.go.jp/statistics/toppage/report/minikeizai/pdf/h2amini008j.pdf

 

 

 

【消費増税による産業活動への影響~前回増税時(平成9年)との比較~】

http://www.meti.go.jp/statistics/toppage/report/bunseki/pdf/h26/h4a1502c2.pdf

 

 

 

消費増税による産業活動への影響 ~平成26年4月前後をあらためて振り返る~

http://www.meti.go.jp/statistics/toppage/report/minikeizai/kako/20150513minikeizai.html

 

 

 

f:id:keizaikaisekiroom:20180504082345j:plain

 

2018年3月の鉱工業生産、出荷の実績と、4月と5月の生産計画の集計結果の解説記事をまとめています。

平成30年3月の鉱工業指数の結果、そして、4月と5月の生産計画の集計結果を説明している解説記事をまとめておきます。

 

全体概略(基調判断)

www.meti.go.jp

 

生産、出荷、在庫

www.meti.go.jp

 

 

業種別、需要先用途別の動き

www.meti.go.jp

 

生産計画

www.meti.go.jp

 

 

図表集 

 

データ集

 

 

 

f:id:keizaikaisekiroom:20180428095427p:plain